未経験採用のポイント

未経験採用のポイント

未経験でも転職で採用を勝ち取るために必要なポイントを紹介します。転職で重要とされる志望動機は、具体的なエピソードをふまえて明確に伝えることが大切です。転職を成功させるためのポイントをおさえ、よりよい転職先をここで探していきましょう。お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

企業が未経験者を採用する意図

企業が未経験者を採用する意図

これから転職を考えている人や、キャリアチェンジをしたい人にとっては、未経験でも採用してもらえると転職のチャンスはひろがります。転職を考えた際、未経験でも応募できる企業は魅力的に感じます。そこで今回は、なぜ企業は未経験者を募集するのか考えていきます。企業の意図や狙いが把握できると転職成功につながるため、その理由について紹介します。


どういう意図なのか

企業が転職者を中途採用として募集する場合、さまざまなメリットが生まれます。中途で採用すると新人研修が必要でないため、既存社員の負担軽減になります。企業が新規事業のスタートメンバーを募集するとしても、新卒よりも即戦力になると期待し、中途採用者を雇用したいと考えます。中途採用者のニーズは高まっており、中途採用を取り入れている企業は一般的になってきました。新卒であれば研修などに手間と時間が掛かります。しかし、中途採用であれば社会人としての基礎部分はできているため、即戦力になります。

企業の本当の狙い

一般的に、採用には経験者の方が優遇されると思いがちです。しかし、働き方において先入観や固定観念がある人は逆に敬遠されてしまうケースがあります。前職場の理念を引きずる人や、採用された職場でのやり方になじめない人はあまり歓迎されません。企業としては即戦力が欲しいのですが、長期的に考えると、働き方において弊害の少ない人物が選ばれることもあります。このように未経験でも歓迎するイメージの求人を出すことで、企業は多くの応募者を募っているともいえます。
しかし、未経験者は当然高いスキルや経験豊富な人材には劣ってしまうこともあります。一般的には経験豊富な人が選ばれやすい傾向にあることも意識しなければなりません。求人情報をみたときに、「未経験者可」と記載されていても注意しなければいけません。企業の狙いは、経験者で該当する人物がいなければ、未経験者も採用するという狙いがあるのです。

明確な志望動機

未経験者でも応募可能な求人枠には、もちろん経験者も応募してきます。入社してから、いろいろ経験を積めばいいと思っていては、いつか後悔する可能性があります。そして常に受け身の姿勢では、採用されるのは難しいと思ってください。経験者は採用確率が高いことを前提として、採用試験にのぞむように意識しましょう。
未経験者は経験者と比べてハンデがあると考えて、仕事のための努力をする必要があります。未経験者である自分を採用することが企業のメリットであることを伝え、激しい競争に勝たなくてはなりません。企業は、未経験でも応募してきた理由が知りたいはずです。採用担当者を納得させられる志望動機を書くためには、なぜ未経験でも応募しようと思ったのか明確にすることがポイントになります。

よく読まれている記事はコチラ!

  • 入社後の態度に注意!
    入社後の態度に注意!

    転職後に優先されることは、職場になじむことです。未経験者が転職後に職場になじむためのポイントについて紹介します。入社後に注意しなければいけないのは、態度です。印象のよいあいさつや自己紹介をしましょう。

    つづきへ
  • 転職エージェントのサポートを受けよう
    転職エージェントのサポートを受けよう

    未経験での転職には、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用して個人の力ではみつけることができない優良求人を紹介してもらいましょう。転職エージェント費用も無料で利用できます。

    つづきへ
  • コレが未経験者の志望動機の書き方
    コレが未経験者の志望動機の書き方

    採用されやすい未経験者の志望動機について、書き方の例を紹介します。志望動機は具体的に書くことが大切です。志望動機には、未経験者であっても前向きな姿勢で新しい仕事にのぞむ姿勢をアピールすると、採用担当者の目にとまる可能性があがります。

    つづきへ
  • 未経験者採用で重視されるポイント
    未経験者採用で重視されるポイント

    転職において未経験者が採用されるために重要となるポイントをまとめました。企業が重視する部分は、コミュニケーション力や人柄です。また、意欲的な姿勢をアピールすることも必要です。ここでの情報を参考にして、面接に挑んでみましょう。

    つづきへ